映画「Back to the future」あらすじ

主人公はどこにでもいる普通のアメリカの高校生マーティン。彼は仲良しの発明家ドクとよく一緒にいます。ある日、ドクから呼び出され会いに行くと彼の発明したタイムマシーンのデロリアンを見せられます。好きな時間にタイムトラベルできるデロリアンの紹介をしている最中、そのデロリアンのエネルギー源となるプルトニウムは騙して盗んだものであり、相手がそれに気づきドクを追ってきます。必死に逃げるドクですが、相手に打たれ倒れてしまいます。マーティンもデロリアンに逃げ込み、必死に逃げますがその時タイムトラベルに必要なエネルギー上回ってなんと1985年から30年前の1955年へとタイムスリップしてしまいます。未来へ戻る方法を必死に探し、若き頃のドクにあって交渉しますが30年前の時代にはプルトニウムなどなく必要なエネルギーをどうやって手に入れるか途方にくれます。その時、ちょうどその週に雷が落ちて街の時計台が破壊されるということを思い出したマーティンはドクに伝え未来へ戻れる安心感に浸ります。ですが、マーティンのタイムスリップにより本来マーティンの父親と母親が出会うべききっかけをマーティンが変えてしまいます。それにより、持っていた兄弟の写真のうち兄の姿がどんどん消えてしまっていることに気づきます。このままでは未来へ戻るどころかマーティン自体が消えてしまうということになり必死に2人を結びつけようと奮闘します。2人は無事結ばれ、マーティンは無事未来へ帰れるのかがこの映画の見所です。

映画「Back to the future」感想

1985年と1955年のアメリカの街の風景や文化の違いなどが色濃く反映されていて海外の世界観が味わえます。たびたび、未来から来たマーティンが発する言葉や着ているものなどに1955年の人々が翻弄されるところがとっても面白いです。また、ドクを始め両親や兄弟など登場人物が個性豊かで、キャストのチョイスが抜群です。話自体はタイムスリップものでなおかつコメディ要素がたっぷりなので、小さな子から大人までもが楽しめるファミリー映画だと思います。そして、この映画の見所は何と言ってもドクの面白さです。最初から最後まで何かどことなく鈍臭く、有名発明家になりきれないドクがいい味を出しています。ただのタイムスリップ映画ではなく、笑いあり恋愛ありの映画で、最初から最後までハラハラドキドキしっぱなしです。どことなくB級感漂う古臭さもこの映画の見所で、30年以上前に作られたもので映画自体は古いのですがいつまでもみんなに愛される映画だと思います。